生きててごめんね

薬物依存など

蟻地獄

この教室を出れば

この学校を出れば

この家を出れば

自分で生活費稼げれば

一人暮らしすれば

そう思って僅かな希望と、
いつか報われると信じて止まなかった。





強制自宅休養させられ、早くも3週間弱。

1週間少しは家族に対する気の張りもあり。
台湾からクスリ届くまで断薬していたから、過食のイライラが勝って辛かった。

前日無事到着したクスリ、飲み始めてまた止まらなくなってしまっている。

親バレも時間の問題。

縋るものが頼れる人が物が紛らわせるものがないから。嫌でも現実を生きるから。


1週間で無事薬物依存と化しました。


病気と薬のせいで毎日泣いているし、
布団から出るのが辛い。
起き上がれない。焦燥感不安感。
生きてるだけで怖いんだよ。

ねぇわたし
5年後でも10年後でもこのままだったら飲みすぎて亡くなっちゃうかもしれないね。

おかあさんごめんね。






世の中なにが大事なんだろうね、
なんて人それぞれだと言うだろう。

風俗してお金さえあればよかったと思った。
過ちだった。

全部バレて親と住んでも、メンタル良くなることは無い。生きる気力も湧き出ない。

もうなにも分からないよ私。



まさに、蟻地獄のようだね。

失敗作

私が、今どこで息しているのか

それを知っている学生時代の同級生はきっと居ない。

たまにこっそり見てしまう。



同級生のTwitterアカウント。

都会に進学し、勉強等に嘆きながらもキラキラインスタのように楽しそうに生きている人。

地元で就職して、一生懸命頑張りながらも休日は趣味に費やしている人。

20歳前後で地元恋愛デキ婚をして赤ちゃんを載せている人。



私はどこにも属さない、属せない。

社会生活ができず、正社員を辞めたこと。

生活費の為に援交をしたこと。

夜の蝶になったこと。

何度もODリストカット、未遂で終わったこと。

風俗落ちまでして薬物依存になり、

先日起こした自殺未遂で緊急搬送をされたことも



私が大好きだったあの子も知らないまま。

勝手に始まって勝手に終わっていた。



いつ終わるのだろうと生き急ぐ気持ちと

これからすればいいの、という気持ちで

いつか見た樹海よりも荒れた樹海で

自分にとって正しく行きたいという願いなんて叶うのだろうか。

深い汚れがついた腕と脚。

何が辛いのか分からない日々に、

希死念慮と日々堕落する泥沼にまたハマってしまいそうだ

薬は生きる延長料

もう朝ですよ。朝なんですよ。

夜は何してた?

「死にたい」「助けて」とひたすらサーチしていた。

たくさんの人の記事を読み励まされたかった。

でも、結局死にたくてなみだが流れていた。

断薬しようと決めたばかりだった。

ODしなければいいと2tだけ飲んだはず。


だって、20すぎた娘から【もう限界です】なんて
情けないこといえやしないし、

そのはずだったのに追い詰められた結果
〘限界です〙
と連絡しそうになった。

その後の感情は、

「こんな苦しみに耐え続けたところで
誰も何も褒めてくれない認めてくれない」


薬が効いたた心はスーと落ち着いて来る。

まだ大丈夫、生きれる、限界と言わずに済む


こうやってまた、
そう遠くはない自死までの延長線を走る。

後悔と共にね。

意思と意識

一番欲しいものを手に入れたことが無いし、

一番伝えたい思いも伝えられたことがない。



自分の意見より年上の、姉の意見。

自分の意見より立場が強い、大人の意見。





物心着いた頃から、プレゼントのリクエストも3番目に欲しいものを選ぶようになった。

お店で駄々を捏ねて泣いている子供を見ると「健全な子かな」と斜め上から見てしまう。



食べたいもの、欲しいもの、言いたいこと。

全て飲み込んで相手の顔色を伺う。

心の中では(いいなぁ)と呟きながら興味無いフリ。

あれが食べたいと思ってもどうせ叶わなかった。

こう思っている誤解だと伝えたくても声が出ない。



気づいたら自分の意思より意識が勝っていて、
決断量がない優柔不断のイエスマン






先日ネットで見かけたシルバニアファミリー

欲しかったなぁ、と思い出した。

未だに不燃焼でAmazonを眺めながらも
本当に欲しいものはシルバニアファミリーなんかでは無いことくらいは分かっている。

10歩進んで10歩下がる

完璧なんてなけりゃ満たされることも無い。


人間とは実に欲深い生き物で、それを本当に受け入れて理解している人から幸せになるのだろうか?


あれも欲しいこれも欲しい
こうして欲しいああして欲しい


次から次へと欲望が湧き出てきて、願望を抱いてしまう。

他者に対しても、自分に対しても。




お金が無い時に愛があっても、愛の大切さよりお金が無い不安、働けない、稼げない不安で自己嫌悪を起こす。

逆パターンも有り得る。
お金があっても愛がなけりゃ全く意味の無いものに感じてしまう。
あの時望んでいた見ていた未来とは真逆のような、冷たい世界。




「苦」の時に出会った人は「楽」になると居なくなる
「楽」の時に出会った人は「苦」になると居なくなる

みんな消えて離れていくなら、いっそ何も要らないと、心の奥底から思えたらどれだけ楽なのか。



上面な自己防衛で嘘吐いても心じゃ泣いてるだけ。